20171118

隔週で届く京都「坂の途中」の野菜。すべてオーガニックか農薬・化学肥料不使用なんだけど、届くたびに野菜の美しさに箱を開けて見とれる。以前オーガニック食品の会社で働いていたこともあって、農薬も化学肥料も使わずにこれだけ美しく、いたんだところも…

20171112

この前、お土産にもらったウズベキスタンのプロフのスパイスミックスが残っていたので、今度はお肉なしでひよこ豆のベジタリアンバージョン。炊き込みごはんの要領で、先にフライパンで炒めた野菜と米を炊飯器で炊いてみた。油少なめであっさりと。邪道な作…

20171111

予想外トラブルで残業続きの1週間がようやく終了。 帰り道にふと目についたピンクのグラデーションの、グラスに入るくらいの小さなブーケを買う。ふだんそんなに選ばない色なので、なにか殺伐とした気分を無意識に中和したかったのか…(笑) 今夜は(まるで…

20171105

久しぶりのお菓子ヴィジュアル買い。無印のレモンサブレとピンクのは木いちごのサブレ。色合いといい甘酸っぱい味といいなんとなく春っぽいお菓子のような。レモンアイシングがふわっとした味なので、もっときゅっとすっぱいアイシングだと好みだなあ。

20171104おまけ

しみじみいい曲だなあと思ったので、貼っておきます。

20171104

作ろうと思ってからオーブンに入れるまで約10分くらいなので、このケーキはパンを買ってないときの朝ごはん用によく作ります。りんごとシナモンの組み合わせで焼くことが多いけど、生地はシンプルなバターケーキなのでバナナや洋梨や杏も合います。 レシピは…

20171031

ノーナの新しいアルバムMISSIONをヘビロテ中。長年ノーナ聞いてるけど、いつも新しいアルバムがいっとうかっこいいと思うなあ。11日のELL fits all のライブも楽しみ! 写真はアルバムジャケットのハロウィンバージョン。今日までの待ち受け。 ほんとはこっ…

20171029

ウズベキスタンのナンのレシピを探して作ってみた。砂糖も油も入らないし水も粉の量に対してかなり少なめなので、こねるのにかなり力が要る。そして意外と塩味強め。保存性からこういうレシピになったのかなあ。 生地はふかふかというより目の詰まった感じ。…

20171028

クランペットはイギリスのパンケーキ。けどベーキングパウダーで膨らませるパンケーキではなく、イーストで発酵させた生地にベーキングソーダ(重曹)を追加するので、焼くと生地を通過するような特徴的な穴が表面いっぱいにできる。 焼いておいたのをトース…

20171021

デメララベーカリーのスコーンを買ったので、一緒にclotted creamも。バターもホイップクリームも美味しいけどやっぱりスコーンにはclotted creamが好き。 clottedは凝固したという意味。かたさも脂肪分もちょうど泡立てた生クリームとバターの中間くらいだ…

20171016

昨日のランチのお客様のウズベキスタンみやげにいただいたのは、プロフ(ウズベキスタンの焼き飯というか炊き込みごはんというか)の調味料のパックと、ナンスタンプ。ナンは(ノンともいう)かまどの内側に張り付けて焼く中央アジアのフラットブレッド。パ…

20171015

お客様の希望もあり、スープとメインは中東風のメニューで作ったランチ。 デザートは栗の渋皮煮とトルコのデザート、ストラッチ。ミルクで煮たライスプディングはシナモン多めが好き。

20171014

毎年秋が早くても遅くても金木犀が満開になるのはなぜか10月13日前後。不思議なくらい、満開だなあと思うと毎年13日から1週間もずれていない。 自転車で走っていると、金木犀は見えないのにずっと夜の空気は甘い香り。

20171012

栗の渋皮煮作り3回目にしてやっと皮むきに慣れてきた。でもすっかり慣れた頃には栗のシーズンは終わっちゃうんだけどね。今回はざらめを4回に分けて加えて、徐々に糖度を上げる作り方を試しています。写真は3回目が終わったところ。 仕上げははちみつとラム…

20171007

京都から届く野菜の中に栗が3つだけおまけで入っていたので、渋皮煮用の栗で皮をむきそこなったのと一緒に栗ごはんにしよう。渋皮煮の栗は渋皮に傷をつけないように気をつけてむくんだけど、年に1回のことなのでどうしても毎年最初の2、3個はうまくできない…

20171005

上司のドイツ出張みやげの石鹸。お風呂用ではなくお洗濯用。衿や袖口の汚れもきれいに落ちるそうです。そんな感じのパッケージですよね。 香りは昔ながらの、といった感じのさっぱりした石鹸らしい香り。いい匂い。 明日明後日と雨みたいだから、日曜日は白…

20170926

隔週で取り寄せてる京都の野菜の中に、マコモダケが入っていた。漢字で書くと真菰茸。けど、筍でもきのこでもなくてイネ科の植物で、東アジア原産の多年草。肥大した茎を食べるものみたい。食感は筍に似てるかな。ささげと一緒にきんぴらにしてお弁当に。

20170923

朝夕涼しくなるとスープを作ろうかと思うんだけど、日中はまだまだ暑い。 今日のスープは、イシヤマアズサさんの「つまみぐい弁当」に出てくるチキントマト野菜スープ。 イシヤマアズサさんの食べものの絵は湯気や温度の感じられる、実に美味しそうな絵。夜…

20170918

三國万里子さんの「編みものともだち」という本からマフラーを編み始めました。まだウールを触るのは暑いんだけど、自分の手のスピードを考えると、始めるのがすでに遅いくらいなので。 この編み地はseafoam(海のあぶく)という名前。ドライブ編みが入って…

20170916

久しぶりの友人が遊びに来たのでランチにベビーブロッコリーとパンチェッタのパスタを作る。 買ったばっかりのMicroplaneのグレイターでおろしたパルミジャーノをトッピング。あまりに軽くふわふわにおろせるのが面白くて、ついパスタが見えないくらいのせて…

20170910

クレープを作るときは、まとめてたくさん焼いて、食べない分は冷凍しておきます。カラメルオレンジソースで温めてグランマルニエで香りをつければ簡単にクレープシュゼットができるし、ジャムやアイスクリームを添えるだけで簡単なデザートになるし。 個人的…

20170908

夏の終わり、秋の入り口の前菜やデザートにはいちじくを使うことが多いです。昨日はいちじくの中にゴルゴンゾーラチーズを詰めてはちみつをかけ、上にプロシュートをのせた簡単な前菜。好みで好きな柑橘を絞って食べてもおいしい。 いちじくは皮をむいてフォ…

20170907

少し秋の気配がすると、ベトナムごはんも食べおさめかなあって気がします。食べるけど。 生春巻きも揚げ春巻きも大好きだけど、久々に蒸し春巻き。皮がもちもちつるつる。2本じゃ物足りないけど、最後のチェーまで食べたいからぐっとがまん。

20170902

昭和初期から豊橋駅前でお菓子とパンの製造販売をしている「ボン千賀」(創業は大正時代) このラブリーでレトロなパッケージを雑誌で見たことがあって気になっていたお店。はじめて食べるのに、なんかなつかしい味。 バタークリームパンの「パピロ」(カス…

20170830

明日で8月も終わり よく晴れて雲ひとつない青い空 海の匂いってこんな匂いだったなあ。 波の形って飽きない。ずっと見てられる。 なかなか海に入れなかった男の子。 こっちの兄弟は波が来ると逃げてたんだけど、 お兄ちゃんが逃げなかったので、弟も立ち向か…

20170825

今年の年明けにチケットを取ってから、楽しみにしてた星野源のライブ、Continues2017@日本ガイシホール。今日がこのツアーの千秋楽ですが、あたしは昨日の名古屋初日に参加。 笑いあり、「一流ミュージシャン」のビデオコメンタリーあり、しんみりと弾き語り…

20170822

土曜日のランチのもう1人のゲストにいただいたのは、世界の塩。ピンクのロックソルト、ベトナムのホンコイ村の塩、それからアフリカ、ジブチ共和国のアッサル湖の塩。 アッサル湖は死海よりも濃い、世界一塩分濃度の高い湖だそう。このアッサル湖の塩の不思…

20170820

昨日のランチのゲストにいただいたお土産。「アブサント55」で有名な、フランスのディスティルリ・エ・ドメーヌ・ド・プロヴァンス社の、シトラスとジュニパーベリーの香りのする淡いグリーンのジン。以前「1番好きなお酒はジン」とちらっと話したのを覚えて…

20170817

前からちょっと気になる映画があったので見に行ったら、予告から想像していた感じと全然違って、終始結構depressingな印象で、帰り道何だかブルーに。 気持ちを立て直さねば、とちょっと遠回りして久保田食品のアイスキャンデーを買いに行く。すももと小夏と…

20170815

先日買った本の中で、崎陽軒のシウマイ弁当を絶賛してる人がいて、読みながら「あー、シウマイ弁当食べたい!」と思ったけど名古屋では買えないので、かわりに崎陽軒のシウマイ(真空パックのやつ)を買ってきてお昼にしました。 お盆休みも今日で終わり。