読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20150321

f:id:MarbleSundays:20150322000117j:plain
岐阜市内で雨の日以外、毎日夕方から始まる市場、通称「夜市」。伊奈波通、若宮町、真砂町の3カ所で行われていて、先日NHK名古屋のドキュメンタリー「にっぽん紀行」で偶然見たのは、真砂町の夜市。80歳の安田力夫さんが毎日お昼間に自ら収穫した新鮮な野菜を夜市で売る様子。自分が作った美味しいものをそれを心待ちにしてくれるお客さんに売る、という仕事。
今日、岐阜にごはんを食べに行った時ふとその話になり、真砂町夜市に寄ってみた。閉店間際の7時くらいだったからもう野菜はひとつもなかったけど、足元のバケツに残っていた花束を安田さんから買った。白い桃の花、沈丁花、菜の花。帰りの車の中は春の匂いでいっぱい。